ホーム > 畑の真ん中だより > スタッフ寮・潜入レポート<前編>
畑の真ん中だより

スタッフ寮・潜入レポート<前編>

大石農産には、農場で働くスタッフのための寮があります。
平成15年度の地域農業構造改革モデル事業を利用して建築しました。約10年経っていますが、まだピカピカです!

本州など実家が遠い社員はもちろん、収穫時期(6月~10月)のアルバイト、インターンシップ、研修生、農村ホームステイの受け入れなどに利用しています。

以前、大石農産の冬の仕事(冬の仕事<前編> 農機具整備編冬の仕事<後編>営農計画&冬の出荷編)をご紹介しましたが、正直、収穫時期と違ってヒマです。そのため、社員は「冬の間は何をしても良い」ということになっています。
実家に帰る者、バイトに精出す者、ウインタースポーツに明け暮れる者などなど。蕎麦処 開拓舎でお店に立つ者もおります。
もちろん、大根の研究とか蕎麦の研究をしてもよいわけです。
ちなみにお給料は年俸制なので、冬の間も出ます!ブラボー!
(ここまで読んで「働きたい!」と思った方は雇用情報をご覧ください)

そんな、冬の間は全国あちこちに散らばっていたスタッフが、春の畑仕事を前にして、続々と寮に帰ってきました。静かだった寮が急に賑やかになりました。

前置きが長くなりました。
というわけで、前後編でこの寮と寮生活を紹介していきたいと思います。

外観

IMG_6752.JPG

寮の外観。選果場も畑もすぐ!の好立地です。
畑仕事から昼食に帰るのも楽々。

ミーティングルーム

IMG_6755.JPG
玄関入って左側はミーティングルーム。会議や打ち合わせ、勉強会などはこの部屋で行います。

IMG_4067.jpg

「農作業は初めて」というスタッフも多いため、各自ノートを作って学んでいます。
どちらの芽を間引くのか、パオかけの意味や手順、温度などのメモの他、「きつい」というつぶやきも。

食堂&調理場

IMG_6749.JPG

玄関入って右側は食堂。食事や食事の団らん、休憩などはこちらで。
「おう、久しぶり―!」と再会を喜ぶスタッフ。

寮生の食事は、収穫期はまかない専用スタッフ(フジヨさん)が作ってくれますが、それ以外は当番制です。
その時の寮生の人数などにもよりますが、大体月1万円/1人の予算(実費負担)で、料理当番が買い出しと調理(昼食と夕食。朝食は各自)を行っています。

スタッフによって中華料理や和食など、得意料理もいろいろ。一緒に食卓を囲むことで連帯感も生まれます。

IMG_6742.JPG

食後の片付けは全員で。食堂の奥が調理場になっています。

そうじ

そうじも当番制です。各自の部屋以外の共有部分のそうじとゴミ捨てを行います。

いかがでしたか?
後編ではいよいよ「潜入レポ」っぽく、各自の部屋に潜入してみたいと思います!こうご期待!

コメント:0 トラックバック:0
http://www.oishinosan.co.jp/blog/2015/04/post-208.html

コメント

コメントの投稿

トラックバック(0)

http://www.oishinosan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/229

  • 海霧で育った十勝海霧そば
  • 安心・安全な健康野菜 北海道生まれ 清流だいこんとは
  • 清流だいこんに込めた思い

大石農産ってこんなところ

動画をもっと見る

十勝海霧そば®ご利用店

  • 蕎麦処 開拓舎
  • お食事処 こんぴら
  • 駄そば屋 三和土

わたしたちが育てています

  • 大石 将寛 Masahiro
  • 大石 浩輝 Hiroki
  • 大石 託三 Takuzo
  • 山口 将司 Masashi
  • 生育・栽培履歴
  • こだわりの選別作業
  • 私たちと一緒に働きませんか?
  • 蕎麦読本
ページトップへ戻る