ホーム > 畑の真ん中だより > 大根おろし"ちょい足し"で夏バテ防止!
畑の真ん中だより

大根おろし"ちょい足し"で夏バテ防止!

全国的に猛暑が続きますね~!北海道の中でも冷涼な気候で大根最適地とされる大石農産でも、ここ数日暑い日が続きました。道外の方はもっともっと暑い中、生活されていることと思います。こうなると食欲減退や夏バテが心配です。今回はそんな暑い夏にぴったりの「大根おろし」を使った、大石農産スタッフおススメ料理を紹介したいと思います。あっ、料理初心者さんでも大丈夫です!

大根おろしを素早く簡単においしく作れるのはどれか?おろし器の比較動画を作りました!
大根おろし器比較動画【手動編】
大根おろし器比較動画【電動編】

夏にぴったりの大根おろし

生の大根にはビタミンCをはじめ、でんぷんを分解する「アミラーゼ(ジアスターゼ)」、たんぱく質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」など、消化をサポートしてくれる酵素がたっぷりと含まれています。冷たいものの食べ過ぎで胃が弱っていたり、食欲が落ちたりする夏にはうってつけなんです!

お疲れレベル★★★

今日は火を使う料理なんてしたくない!というくらい疲れているときはこれ。
上から順に、納豆+大根おろし、サバ水煮缶+大根おろし、なめたけ+大根おろし。パックや缶、ビンから出して大根おろしをちょい足しするだけ。あと一品足りない!というときにも便利です。

20200824_001.jpg

20200824_002.jpg

20200824_003.jpg

お疲れレベル★★

20200824_004.jpg餃子のつけだれにたっぷりの大根おろしを入れて。

20200824_005.jpg
今回はメンチカツですが、トンカツやエビフライでもOK。ポン酢が合いそうです。揚げ物全般に大根おろしをプラスすることで、ボリュームがありながらもさっぱりと食べることができます。唐揚げ+大根おろしもおススメです。
どちらも買ってきたお惣菜や冷凍食品で十分。もちろん頑張れる人は手作りで!

そうめんを茹でる元気があるレベル

20200824_006.jpg
大石社長イチオシの食べ方がこれ!そうめんや冷や麦を食べるとき、めんつゆを水ではなく汁ごとの大根おろしで割ります。栄養たっぷりの大根おろしの汁を、余すところなく味わえますよ。

お疲れレベル★

20200824_007.jpg

今回ご紹介した料理の中では一番料理らしいかも。夏野菜の揚げびたしに大根おろしをトッピングすると、目にも鮮やかな一品の出来上がり。ナスやカボチャ、インゲン、ピーマンなどがおススメです。

いつもの料理に "ちょい足し"するだけで、弱った胃腸をやさしく癒してくれる大根おろし。定番の焼き魚に沿えるだけなんてもったいない!どんどん取り入れていきたいものです。

次回は、そんなこと言っても毎回大根おろしを作るのはめんどくさい!という方のために、冷凍大根おろしについて検証してみたいと思います。お楽しみに!